講師紹介|勝どき ヴァイオリン教室 バイオリンレッスンはアモローソ音楽院へ(東京都中央区, 江東区, 港区 勝どき, 月島, 豊洲, 銀座, 築地)|体験レッスン無料!

講師紹介

バイオリンレッスンを担当する講師陣は、長い指導実績を持つ講師や現在もオーケストラや日本各地で演奏活動をしているプロのバイオリン奏者です。

初心者からアマチュアバイオリニスト、プロを目指す方まで、スタンスに合わせて経験豊かな講師たちが、演奏技術だけでなく、音楽基礎理論にも重点を置いた指導を実施しております。

音楽を愛する人から、バイオリンに少しでも興味のある方、わたしたちと一緒にバイオリンを始めてみませんか?

主宰 勅使河原 真実(てしがわら まみ)

主宰 勅使河原 真実(てしがわら まみ)

4歳で桐朋学園大学附属子供のための音楽教室仙台教室に入室。6歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。同大学研究科を修了。 鷲見三郎、辰巳明子、ゲルハルト・ボッセ各氏に師事。

研究科在籍中に米国イェール大学より奨学金を得てノーフォーク音楽祭に参加。以降、度々渡欧し、故イフラー・ニーマン、ヘルマン・クレッバース各氏に師事し研鑽を積む。

大学在学中より仙台フィルハーモニー管弦楽団との協奏曲をはじめ、ソロリサイタル、国内外の著名な演奏家との室内楽共演、NHK交響楽団などのオーケストラ、現代音楽の初演、ポップス、ジャズまで幅広い演奏活動を行う。

現在は後進の指導に打ち込み、数多くの優秀な門下生を輩出している。

日本学生ヴァイオリンコンクール審査員長を始め、千葉国際ジュニアコンクール、桐朋学園全国ジュニアコンクール、洗足学園ジュニアコンクールなど、多くのジュニアコンクールの審査員を務めるほか、かさまヴァイオリンスクール、プラハサマーアカデミー、ミュージックセミナーinゆうばり(旧トマムリゾートセミナー)など国内外のマスタークラスに招聘されている。

桐朋学園大学附属子供のための音楽教室、洗足学園音楽大学講師。アモローソ音楽院主宰。

教則本の執筆や翻訳も手がける。

表参道 Bell'Italia 文化教室で大人のための「はじめてのヴァイオリン」クラス開講中。

幼児教育の「ヴェルソーナス株式会社」取締役副社長。東京国際ヴァイオリン協会副理事長。

特別講師 千々岩 英一(ちぢいわ えいいち)

千々岩 英一(ちぢいわ えいいち)

東京芸術大学音楽学部附属音楽高校を経て同大学を卒業後、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に学び、審査員全員一致の一等賞を得て卒業。田中千香士、数住岸子、ピエール・ドゥカン、フィリップ・ヒルシュホルン、ワルター・レヴィンの各氏に師事。

1998年よりパリ管弦楽団で副コンサートマスターを勤める。2015年より紀尾井シンフォニエッタ東京のコンサートマスターも兼任している。

これまでにソリストとしてドナウエッシンゲン音楽祭(ツァグロセク指揮フランス国立管弦楽団)、パリ・シャトレ座のパリ管弦楽団定期演奏会、ストラスブール・ムジカ音楽祭、ラジオフランス現代音楽祭(エッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団)、などに出演したほか、室内楽奏者としてベルリン芸術週間、「パリの秋」音楽祭、ルーヴル、オルセー美術館室内楽シリーズ、イギリス・オールドバラ音楽祭、メキシコ・セルヴァンティーノ音楽祭、ブリュッセル・アルスムジカ音楽祭、フィンランド・クフモ音楽祭、ワシントン・ケネディセンターなどで演奏。

日本では2000年に東京文化会館小ホールで初リサイタル。2006年に武生国際音楽祭に出演し2007、2008、2013年東京シティフィルハーモニー管弦楽団定期演奏会、2009年サントリーサマーフェスティヴァルにソリストとして客演した。

学生時代から前衛音楽の作曲家との共同作業に興味を抱き、数多くの新作初演を手がけてきている。CDはマルク・アンドレ・ダルバヴィの協奏曲(エッシェンバッハ指揮パリ管、仏Naive)、無伴奏アルバムSolo Migration(パリの芸術家、移民たち、無伴奏の20世紀 仏Indésens)などが出ている。

また、人権擁護活動に関心を持ち、パリのNGO「Parcours d'exil(拷問を受けた難民を対象とする医療施設)」の会長を勤め、アムネスティインターナショナル主催のチャリティーコンサートなどにも数多く出演している。

教育活動としては、現在パリ市13区ラヴェル音楽院でヴァイオリンを教えている。

使用楽器は1740年製オモボノ・ストラディヴァリ「フライシュ」

2011年にはフランス文化省より芸術文化勲章シュヴァリエを授与された。

内海 響子(うつみ きょうこ)(ヴァイオリン・ソルフェージュ)

内海 響子(うつみ きょうこ)

東京都出身。

ピアノを小川ゆかり氏に、ヴァイオリンを小澤郁子氏に師事。15歳より勅使河原真実氏に師事。

声楽を木村俊光氏に師事。

桐朋学園大学音楽学部演奏学科声楽専攻卒業。在学中ヴァイオリンを室谷高廣氏に師事し、優秀な成績を収める。

現在、ピアノ、ヴァイオリンの指導のほか、歌手として活躍中。イタリア文化会館アニエッリホールでのコンサート、椿山荘、ホテルオークラでのニューイヤーコンサート他、多数出演。

オペラでは「魔笛」夜の女王、ダーメ1、パパゲーナ、「劇場支配人」マダムヘルツ、「サンドリヨン」妖精の女王、「ヘンゼルとグレーテル」露の精、「ラ・ボエーム」ムゼッタ、等に出演。2018年6月「魔笛」夜の女王、8月「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル役にて出演予定。
逗子アートフェスティバルにて世界的なリート奏者ノーマン・シェトラー氏と共演、好評を博す。
ミラノ・スカラ座副指揮者ダンテ・マッツォーラ氏マスタークラス参加。表彰・奨学金を獲得。
横浜市新人オーディション最優秀賞受賞。横浜市緑区民音楽祭、宝塚ベガ新人演奏会出演。最優秀演奏賞受賞。

2014年ロシア ウラジオストックフィルハーモニーと共演し、ライブ録音CDをリリース。

大槻 文香(おおつき あやか)

大槻 文香(おおつき あやか)

宮城県仙台市出身。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業、同研修員修了。

在学中はミュージックセラピー研究部に所属し、各施設でボランティア活動に努める。

東日本大震災被災地への慰問演奏に参加。2014年夏にはトリオ・ミンストレルの合宿に参加、研鑚を積む。

2014年冬にはデュオ・リサイタルを開催。

2015年夏には第18回プラハサマーアカデミーに参加、ダナ・ヴラホヴァ、バベル・クデラーセク各氏に師事。ファイナルコンサートに選抜され演奏。

現在は様々なオーケストラやイベントの補助をしながら後進の指導にあたる。

ヴァイオリンを勅使河原真実、志賀恵子、木野雅之各氏に、室内楽をS・ナジ、R・ダビドヴィッチ、C・ドル、G・フェイギン各氏に師事。

佐々木 梨花(ささき りか)

佐々木 梨花(ささき りか)

仙台市出身。桐朋女子高等学校音楽科経て、2012年桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。

第4回仙台国際音楽コンクール関連イベント「街かどコンサートその5」でソリストを務める。

「仙台クラシックフェスティバル2011」に選出。青年文化センターパフォーマンス広場にてソロ演奏。

ヴァイオリンをヘンリ・タタル、勅使河原真実、辰巳明子、豊田弓乃各氏に、室内楽を豊田弓乃、藤原浜雄、毛利伯郎、白尾彰、篠崎史子、藤井一興、堤剛の各氏に師事。

2013年9月イタリア・Brioscoにて、菅野潤氏とFrank Stadler氏によるセミナーを受講。2014年よりバロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事している。

現在、音楽教室にて、幼児から大人まで後進の指導を行う一方、桐朋女子中・高等学校芸術科非常勤講師を兼任。演奏活動においても、都内を中心に精力的に行っている。

中村 響子(なかむら きょうこ)

中村 響子(なかむら きょうこ)
東京都出身。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学卒業、同研究科修了。桐朋オーケストラ・アカデミー研修課程修了。
第19回日本クラシック音楽コンクール好演賞受賞。第20回同コンクール第5位入賞。第19回全日本ジュニアコンクール最高位入賞。入賞者演奏会出演。
第16回、第17回プラハサマーアカデミーに参加しイヴァン・ジェナティー氏に師事、ディプロマ取得。ファイナルコンサートに選出され演奏。
これまでにヴァイオリンを勅使河原真実、辰巳明子、恵藤久美子の各氏に、室内楽を久保田巧、豊田弓乃、毛利伯郎、正門憲也の各氏に師事。
現在はオーケストラ、室内楽、ソロなどの演奏活動だけでなく、中高等部管弦楽部コーチなど幅広く活動。
NPO法人「みんなのことば」メンバーとして日本各地の保育園、幼稚園へ演奏を届ける活動にも力を注いでおり、シンフォニエッタ静岡のメンバーとして、静岡での演奏活動にも積極的に取り組んでいる。

真柴 ゆり杏(ましば ゆりあ)

4歳よりバイオリンを始める。桐朋学園子供のための音楽教室を経て桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。
その後渡独。ワイマール・フランツリスト音楽大学修士課程修了。

これまでに木村恭子、辰巳明子、海野義雄、ゲルノット・ズースムートの各氏、室内楽を徳永二男、加藤知子、毛利伯郎、矢部達哉、東京カルテットの各氏に師事。

第58、59回全日本学生音楽コンクール奨励賞受賞。
プラハ、クールシュヴェール、ニース他国内外の国際音楽セミナーに参加し、ファイナルコンサートに選抜され演奏するなど研鑽を積む。

2007年~2010年別府アルゲリッチ音楽祭、2010年~2014年小澤征爾音楽塾に参加、サイトウキネンフェスティバルに出演。

現在はプロオーケストラを中心に活動。学生オーケストラの演奏補助や、CMや映画BGMのスタジオ録音にも携わる。
ソロにおいてもミニコンサートを開催するなど幅広い活動を行っている。

粟國 夏音(あわくに かのん)

沖縄県出身。
洗足学園音楽大学音楽学部 弦楽器コースを卒業。
中学校教諭一種免許状、高等学校教諭一種免許状取得。
ヴァイオリンを佐渡山真理、勅使河原真実の各氏に、室内楽を沼田園子、井野邉大輔、羽川真介、川田知子の各氏に師事。ヴィオラを井野邉大輔氏に師事。また、ピアノを磯矢玲子氏に師事。

在学中より、保育園から老人ホームまで、幅広い年齢を対象としたボランティア演奏を積極的に行う。また、チャリティコンサートにも出演。

 

アドバイザー:町田 育弥(まちだ いくや)

町田 育弥(まちだ いくや)

桐朋学園大学作曲科卒業。桐朋女子中・高等学校教諭、桐朋学園大学附属音楽教室講師を歴任。その間、演劇、ミュージカル、TV番組など様々なジャンルの音楽を手がけるほか、ピアノ奏者として多くの室内楽コンサートに出演。
また、音楽雑誌への執筆や書き下ろし作品の提供も行う。各種音楽団体の委嘱による作品提供も多数あり、その作品は海外でも演奏され好評を得ている。2005年、日本吹奏楽指導者協会最優秀作曲賞(下谷賞)を受賞。

現在、桐朋学園大学非常勤講師(ソルフェージュ)。上田女子短期大学幼児教育学科教授。

日本ソルフェージュ研究協議会会員。

アドバイザー 特別講師:金城 摩承(かねしろ まこと)

桐朋学園大学音楽学部演奏学科にてヴァイオリンを辰巳明子氏に師事。
辰巳氏の推薦によりニューヨークのジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイ女史の奨学生として大学・大学院を修了後、米国のCollege Conservatory of Music、University of Cincinnatiにて、ディレイ女史のAssistant Professorを務めた。
その後、Yale School of Management (米国イェール大学の経営学大学院)にてMPPM/MBA (経営学修士) を取得しビジネス界に転身、日本の一部上場企業の取締役及び米国のバイオテック上場企業等の取締役を歴任した。
ITとバイオテック分野の国際ベンチャー投資を手掛け、現在に至る。

2017年より、ライフワークとして、脳の発達に合わせた幼児教育よるネイティブレヴェルの語学力、正確な音感力、数学を基礎とした論理的思考等の習得を目的とする教育サービス提供事業を行う 「ヴェルソーナス株式会社」 代表取締役社長として、技術と芸術と教養の融合を体現する人材の育成に取り組み始めている。
また、ヴァイオリンの基礎技術習得の向上を目的とする非営利の一般社団法人「東京国際ヴァイオリン協会」代表理事を務める。
無料レンタル 体験レッスン 趣味で楽しく学びたい方 音大受験・プロを目指す方 よくある質問

アモローソ音楽院

スマートフォンサイト

Links

ジェム株式会社
日本ジュニアヴァイオリンコンクール
東京国際ヴァイオリン協会

ブックマーク登録

はてなブックマークに追加 Googleブックマークに追加 del.icio.usに追加